ブログ手テスト (月, 04 1月 2021)
>> 続きを読む

ブログテスト (Mon, 04 Jan 2021)
>> 続きを読む

「この悲劇を絶対に忘れ去られないようにしてほしい」

写真家 飛田晋秀

 私は報道カメラマンではない。30年以上も職人を撮って来た、写真家だ。

 2011年、2月中旬来半月かけて九州を回り、写真集にしようという矢先のことだった。あの3.11大震災と原発爆発が起きたのは。

 いっとき、私は迷った。撮るべきか、撮らざるべきか。分野が違う。やめた方がいいのではないか、と……。 

 

 私の背中を押したのは、被災者だった。

 

 いわき市小名浜に知り合いを見舞ったときのこと。

 

 「是非、小名浜の状況を見てもらいたい」「絶対風化させてはならない」。

  その人は、多くの知人を津波で流され、亡くしてしまっていた。

 私は、深い胸の底から、「迷い」が吹き飛んでいくのを感じた。

  恥ずかしかった。被災地の、入れる所まで入って、撮影をするべきなのだ。

  私は決心した。

 4月から7月、小名浜から広野町、警戒区域手前まで4回撮影した。

凄まじい姿だった。自然の猛威にはなすすべが無い。

ただ、夢中でシャッターを切っていた。

 ボランティア活動もした。避難している人とも知り合った。

 「避難所を出て借り上げ住宅に移る、リフォームし落ち着いたら、是非私の街の姿を撮ってほしい」と請われた。

 翌2012年1月末、初めて原発避難区域に入った。

 自分の家に入るのに許可証がないと入れない地域。

 防護服(タイベック)を着て入らなければならない地域。

 現実を目のあたりにした。

 放射線量が高い。区域内には1時間半しかいられない。

 震災から間もなく1年になろうとしているのに、何も手が付けられていない。

 時間が止まったかのように感じた。

 臭い、味覚もない、目にも見えない。

 ガイガーカウンターの音だけが不気味に響いた。

 ファインダーが涙で曇った。

 手もだるくなったが、夢中でシャッターを切りまくった。

 そのうちにだんだんと怒りが湧いてきた。

 この現状を伝えていかなければ、誰かが伝えなければならいではないか。

 避難区域には人は誰もいない。

 ゴーストタウンになってしまった。

 3月18日東京電力福島第一原子力発電所の近くに入った。車の中から撮影した。

 その時ガイガーカウンターが振り切れてしまった。

 後で検査を受けた時、私の体の放射線量は46μSv(マイクロシーベルト)もあり仰天した。

 法令では人の放射線被曝限度線量0.23μSv/h。200倍だった。

 今まで100回ほど避難区域に入っている。

 行くたびに家屋がひどくなっているのがわかる。

 放射線量も高く、帰還困難区域は7年が過ぎても防護服(タイベック)を着なければ入れない。

 家の中も高線量で、長い時間はいられない場所もある。

 ある避難者は、事故前は家族9人で暮らしていた。が、

 避難してから2ヶ月後に祖父が亡くなり、

 

 祖母は施設に入り、息子夫婦と3人の孫は関東に避難して戻らず。家族がバラバラになってしまった。

 家も仕事も、原発事故で全てが奪われてしまい今後どのようにしたらよいのか、考えなくてはならない。

 現状を見た時、国は人に対して、復旧ではなく原発事故前と同じやり方をしている。

 除染などの費用は4兆円以上になるそうだが、生活支援を優先にするべきではないか。

 時間が過ぎて報道されることが極端に少なくなってきている。

 原発事故災害は、私たちの代で終わることはない。

 これからの世代に原発事故の事実を風化しないように記録し、伝えていかなければならない。

 そのためにNPO法人を設立した。

 東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の事故後の被災地域の様子を写真撮影し、事故の現実と、事故を風化させてはならないことを、写真を通して国内はもとより世界の人々にも伝えてゆきたい。


「NPO法人福島のすがた」についてはコチラ


※当サイト内の写真・文章等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。


カウンター カウンター